×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

綺麗なママでいるためのちょっとした工夫

綺麗なママでいるためのちょっとした工夫

綺麗なママでいるためのちょっとした工夫

子供を出産してから、年齢的なものもあり、体重が毎年少しづつ増えてしまい、気がつけば出産前よりも7キロほど増えてしまいました。
お腹も、プニュプニュとして、プラジャーモ喰い込み気味になってしまいました。

 

子供も少し大きくなり、可愛いとか綺麗という言葉を言うようにもなり、素直に可愛いおねぇさんを見ると、あの人可愛いなんて言うようになりました。
そうすると、私も我が子に可愛いと言ってもらいた、子供のために綺麗なママでいたいと思うようになり、ダイエットを決意してから半年ほど経過しました。
ただし、毎日の生活でいっぱいいっぱいなので、ジム通いは無理なので、とにかく家でできることを実践するようにしました。

 

まずは、掃除は100パーセント気合を入れて家中を綺麗にしていきます。
掃除機をするときは、つま先立ちで、今までクイックルワイパーで床を拭いていたのを、雑巾で水拭きにしました。
掃除をエクササイズと思いながらやると、汗もかいて運動になるし、家中もピカピカになって一石二鳥です。
また、子供と公園い行くときは、動きやすい格好で行き、子供と一緒に思いっきり遊ぶようにしました。

 

今までは、ベンチで待っていたり、子供と遊んでもちょっと手を抜いていたのですが、思いっきり走り回ると、子供も喜ぶしとにかく、いい運動になります。
そして、食事では、感触は控えて、おやつが食べたくなったら今までお菓子やケーキ類などを食べていたのを、りんごやグレープフルーツなど果物を少し食べるようにしました。

 

そんな生活を続けていたら、少しづつですが体重も減って、マイナス4キロになりました。
無理やりかもしれませんが、子供にママ可愛い?と聞くと、すっごく可愛いよっと言ってくれるようになりました。
今では、旦那に言われるよりも子供に言われる方が、嬉しくてダイエットのモチベーションもどんどん上がっていきます。
あとマイナス3キロを目指して、毎日の生活でできることを頑張っていきたいです。


ホーム RSS購読 サイトマップ