×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

適度に距離を置くという人間関係もある

適度に距離を置くという人間関係もある

適度に距離を置くという人間関係もある

職場の悩みは数多くあるが、中でも断トツなのは「人間関係」だ。
もし人間関係で転職したとしても、新たな職場でも人間関係は存在する。
結局、人間関係からは逃れる事は出来ない。
職場では毎日同じメンバーと顔を合わせる事がからこそ、
上手に周りの人と付き合ってゆきたいし、自分の領域を守る事も覚えておきたい。

 

まず「人間関係を良くする」ということを思い浮かべると、
職場の同僚と友達のように仲がよい状況を考えがちだが、必ずしもそうとはいえない。
もちろん、仲が良いに越したことはないが、あまり距離が近いのも考え物だ。
関係としての距離が近くなると相手の嫌な部分が見えてきたり、
気の進まない誘いを受けたりといった、近さが裏目に出ることが発生する。
また、自分自身も相手に期待や失望を抱いたりすることもある。
たとえば自分の愚痴を聞いてくれなくても「仕方ない」と思う事が出来るが、
もしそれが友人や家族だったらガッカリしたり、時には怒りを感じたりするのではないだろうか。
距離の近い相手には自分の中に相手への期待や依存心が出てしまうのだ。
それによって、余計なストレスに振り回されてしまう結果となる。

 

女性にありがちな「職場の人間の噂話」にも巻き込まれる可能性もあるだろう。
噂話は自分がされるのは嫌だが、自分が他者の噂話をしてしまうというリスクも十分にある。
確かに、陰で噂話をするのは一種のストレス発散になるが、
噂話をしている時の自分自身の心の状態は決して良いとは言えないのだろうか。
その上、「○○さん、あなたの事わるく言ってたよ。」と自分の言った事を
当事者に「報告」されてしまう場合もある。
「人の不幸は蜜の味」と昔から言ったもので、噂話やゴシップの類は
なかなか抗いがたい中毒性がある。
しかし、自分の身の回りな心の中を快適に保つ為には、初めから
噂話の発生する状況に身を置かない事だ。
それには人との距離は近すぎないほうがいい。親しくない相手に噂話を持ちかけようとする人はいないからだ。

 

人間関係を良くするには、必ずしも「仲良くなる」だけではなく、
逆に程々に距離を置いたやりかたも有りなのだ。
もちろん、職場の人とは仲良く友達感覚でいたいという人もいるだろう。
各自の性格や心地よさにあったやり方で人間関係を構築してゆきたいものだ。


ホーム RSS購読 サイトマップ